• トピックス

    2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

    2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先からの債権譲渡承諾に必要な期間を考慮しないため、スピーディーに資金調達が可能です。売掛金はファクタリング…

    read more

    何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

    売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知られています。つまり、金融機関からの融資を受ける際の審査中でも、ファクタリングにより売掛金を売却でき…

    read more

    ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

    ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。ファクタリング自体は、売掛金を買い取るすなわち資産の買取になり、貸金業者のように法的な規制も無いこと…

    read more

    ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

    ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛かる手数料が高いということから、ファクタリング会社を変更する際、そこでも再度審査を受けることになりま…

    read more

Factoring

ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。ファクタリング自体は、売掛金を買い取るすなわち資産の買取になり、貸金業者のように法的な規制も無いことから、悪質な会社も紛れています。その結果、売掛金が不当に低い金額で買い取られてしまうだけでなく、買い取った代金が支払われないといったリスクもあります。
そこで重要なことは、ファクタリング会社の実態を契約前に把握することです。銀行系ファクタリング会社なら知名度も高く、会社ホームページからも簡単に確認が可能です。また、民間系のファクタリング会社でも知名度が高く、営業実績も多い会社であれば、ホームページから営業実態や会社内容、そして代表者氏名などが掲載されているため、情報把握は可能です。
しかし、ファクタリングが社会的に注目された結果、多くの会社が参入しており、会社情報がホームページから確認できないケースが増えています。中には、代表者氏名や資本金といった基本情報を掲載していないケースもあり、会社実態が把握できないこともあります。そのため、利用する際は会社案内などの情報を相手から必ず得ておくことが重要になります。法人企業であれば、法人番号を調べることで実態把握も可能であり、この情報は必ず確認することをお勧めします。

注目記事

2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先から…

何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知…

ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。…

ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛…