• トピックス

    2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

    2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先からの債権譲渡承諾に必要な期間を考慮しないため、スピーディーに資金調達が可能です。売掛金はファクタリング…

    read more

    何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

    売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知られています。つまり、金融機関からの融資を受ける際の審査中でも、ファクタリングにより売掛金を売却でき…

    read more

    ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

    ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。ファクタリング自体は、売掛金を買い取るすなわち資産の買取になり、貸金業者のように法的な規制も無いこと…

    read more

    ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

    ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛かる手数料が高いということから、ファクタリング会社を変更する際、そこでも再度審査を受けることになりま…

    read more

Factoring

ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛かる手数料が高いということから、ファクタリング会社を変更する際、そこでも再度審査を受けることになります。金融機関からの融資の場合、企業も信用情報機関に情報が登録されており、この情報から信用評価が行われ、以前の取引の情報が審査に反映されます。
ですが、ファクタリングの場合は利用出来る信用情報機関が無かったため、ファクタリング会社間の情報共有が行われず、審査の結果、取引上の信用履歴が無いため、買取査定額が低くなるといった問題がありました。しかし、2018年1月に入って情報センターが開設され、『法人登記閲覧履歴』、『現在事項閲覧履歴』そして『債権登記現在事項』といった情報が共有化されるフローが構築され始めています。
その結果、今後はファクタリングの自主機関に登録し、情報センターの利用が可能なファクタリングであれば、過去のファクタリング取引が審査に反映されるといったメリットが生じています。つまり、ファクタリング会社を変更しても、審査評価がゼロになるといったデメリットが無くなることが期待できるため、利用する際は情報センターへのアクセス可否も重要な判断事項になります。

注目記事

2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先から…

何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知…

ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。…

ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛…