• トピックス

    2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

    2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先からの債権譲渡承諾に必要な期間を考慮しないため、スピーディーに資金調達が可能です。売掛金はファクタリング…

    read more

    何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

    売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知られています。つまり、金融機関からの融資を受ける際の審査中でも、ファクタリングにより売掛金を売却でき…

    read more

    ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

    ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。ファクタリング自体は、売掛金を買い取るすなわち資産の買取になり、貸金業者のように法的な規制も無いこと…

    read more

    ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

    ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛かる手数料が高いということから、ファクタリング会社を変更する際、そこでも再度審査を受けることになりま…

    read more

Factoring

2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先からの債権譲渡承諾に必要な期間を考慮しないため、スピーディーに資金調達が可能です。売掛金はファクタリング会社に売却しているものの、取引先からの入金は自社にあり、その入金分をファクタリング会社へ入金する流れになります。
ですが、ファクタリング会社も大量の売掛金の買取と代金支払いを行うことから資金繰りの悪化というリスクは付いて回ります。特に取引先が倒産し、償還請求権無しのファクタリングなら自社にダメージはないものの、ファクタリング会社は損失を被ります。その結果、自社へファクタリング会社から支払後にファクタリング会社が倒産した場合、入金処理の問題が生じてしまいます。
この際には、どのような対応が必要かというと通常の取引で買掛金が発生している取引先が倒産した場合と同じです。つまり、破産管財人からの連絡そして指示に従って代金の支払を行うこととなります。ファクタリングを利用するメリットやデメリットは多いものの、ファクタリング会社に問題が生じた際の情報が現状少なくなっているため、不安な場合は弁護士などの法律相談を活用することをお勧めします。

注目記事

2社間ファクタリング利用中にファクタリング会社が倒産したら?

2社間ファクタリングは、売掛金が発生している取引先に資金調達を知られないだけでなく、取引先から…

何故ファクタリングは金融機関の融資審査に影響しないの?

売掛金を売却して資金調達するファクタリングは、金融機関からの融資審査に影響しないということが知…

ファクタリング会社を利用する際には会社概要もチェック!

ファクタリングを利用する上では、契約先となるファクタリング会社の実態を確認することが重要です。…

ファクタリングの信用情報センターの利用で得られるメリットは?

ファクタリングは、売掛金を売却する都度、基本的には審査が必要になります。そして、買い取り時に掛…